• 文字サイズ変更
  • Small
  • Medium
  • Large

糖尿病 高血圧  血糖 インスリン hbA1c 食事 症状 治療 予防 原因

糖尿病info
0120-789-335

糖尿病の治療

まず糖尿病を知ることから

糖尿病は、膵臓のインスリン分泌量が減ったり、体にインスリンの耐性がつくことで、血液中のブドウ糖がエネルギーとして細胞にとりこまれず、血液中のブドウ糖の濃度が高い状態が続き起こります。その状態が長く続くと様々な合併症を引き起こします。

糖尿病のタイプには1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病、その他の特定の機序、疾患による糖尿病の4つのタイプがあります。それぞれの違いについて説明します。

まず糖尿病を知ることから

1型糖尿病(インスリン依存型糖尿病)

膵臓のβ細胞が破壊するために「糸球体」がインスリンを分泌できなくなります。インスリン不足のため高血糖状態で糖尿病になります。完治することが難しいタイプの糖尿病です。

2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)

食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足、肥満、ストレスなど生活習慣が深く関与し、発症します。治療をつづけることにより完治するタイプの糖尿病です。

妊娠糖尿病

妊娠中にインスリンの効き目を弱くするホルモンが胎盤から分泌されるため、高血糖になります。治療をつづけることにより完治するタイプの糖尿病です。

その他の特定の機序疾患による糖尿病

膵疾患、肝疾患、内分泌疾患や薬剤を投与しているために高血糖になる状態です。それらの病気を治療し、血糖値が正常になれば完治するタイプの糖尿病です。 日本の95%の糖尿病患者は【2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)】です。 食べ過ぎや飲み過ぎでの肥満、または運動不足、ストレスなどの生活習慣により【2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)】を発症します。糖尿病の合併症のリスクを抑えるためにも医師から食事療法や運動療法などの指示をうけ、生活習慣を早期に変えていくことが重要です。

具体的な治療法

食事療法

食事療法は、糖尿病治療の基礎です。食事により私たちの体は炭水化物や糖分を取り入れ、体を動かすためのエネルギーのもとになるブドウ糖を作り出します。糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きが悪くなる病気で、インスリンの分泌量が低下したり不足すると、ブドウ糖をエネルギーに変えることができなくなります。エネルギー不足解消のためにも食事療法により必要なエネルギー量を体に取り入れ、コントロールしていくことが大切です。

食事療法へのリンク

運動療法

運動により体は、糖輸送体のグルコーストランスポーターが活発に働き、ブドウ糖を筋肉細胞に送り込みます。インスリンをあまり使わずにブドウ糖をエネルギー変換できるので、血糖コントロールに役立てることができます。 有酸素運動であるウォーキングはいつでもどこでも始められますし、一人でも可能なのでおすすめです。20分以上することにより、効果が現れますので、少し汗をかくぐらいの速さで行いましょう。

運動療法へのリンク

薬物療法

日本人の9割以上の糖尿病患者は2型糖尿病です。治療の基本は食事療法と運動療法ですが、それでも効果が現れない時は、薬物療法が必要になってきます。 薬物療法には2つあり、飲み薬とインスリン注射です。飲み薬の種類には、インスリンの効きをよくしたり、分泌を促すものなどがあります。

経口薬療法へのリンク

そして、もう一方のインスリン注射は、体内のインスリン分泌量が少ないために、インスリンを人工的につくったものを注射をします。

インスリン療法へのリンク

どちらの薬物療法にするのかは、患者の血糖コントロール状態や合併症の進行具合によって医師との相談により決めていきます。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ
メール送信ページヘ