• 文字サイズ変更
  • Small
  • Medium
  • Large

糖尿病 高血圧  血糖 インスリン hbA1c 食事 症状 治療 予防 原因

糖尿病info
0120-789-335

糖尿病の合併症と症状

糖尿病の三大合併症とその症状について

糖尿病の合併症の代表的なものには

・神経障害
・網膜症
・腎症
の三つがあり、この三つは「糖尿病の三大合併症」と言われています。

こうした合併症は、糖尿病になってしまうとすぐになるのではなく、糖尿病で高血糖を放置していると、数年後には合併症が起こりやすい状態になります。なりやすい順番としては神経障害、次に網膜症、さらに進行すると腎症が起こりやすいです。

糖尿病の三大合併症

神経障害

神経障害

神経障害は、三大合併症のうち1番最初に起こる合併症と言われています。3〜5年で全身にあるどこの神経でも起きる可能性があります。

体には中枢神経と末梢神経の2つの神経系があり、末梢神経は「自律神経」「感覚神経」「運動神経」に分けられます。

・「自律神経」に障害がおこると…汗が出過ぎる・出ない、立ちくらみ、胃がもたれる、勃起しにくい、排便・排尿に異常がある

・「感覚神経」に障害がおこると…足先がしびれる、足が痛む、足裏に紙が張り付いたような感覚、足の壊疽

・「運動神経」に障害がおこると…筋肉が萎縮する

早期発見のための検査としては、ハンマー状の器具で、アキレス腱を軽くたたき反射を調べる「アキレス腱反射検査」があります。足が跳ね上がらない場合は、神経障害の可能性が高いので詳しく検査をしてください。

網膜症

網膜は眼底にある薄い神経の膜で、この網膜には細かい血管がはりめぐらされており、高血糖になると血管に大きな負担がかかります。やがて血管の一部が膨らみこぶができ、血流が悪くなると網膜に酸素不足や栄養不足が生じます。これらの不足分を補おうとして、新生血管がつくられ、この血管は非常にもろいため高血圧や軽い衝撃で出血しやすくなります。 症状が悪化した場合には、大出血や網膜剥離が起こり、失明に至ることもあります。

網膜症

・ピンクがかった感じに見えたことがある
・視界の一部に欠落があった
・前より光がまぶしく感じる
・歪んで見えたことがある

などの症状がでてきた場合は注意してください。

網膜症の初期は、自覚症状がほとんどないので、網膜症の早期発見のためには、眼科で検査を受けたり、気になった症状は詳しく検査をすることが重要です。

腎症

腎臓は、老廃物を含む血液を濾過して、老廃物を尿として体外に排出します。さらにきれいになった血液を体内に戻すという重要な働きをしています。

腎症

この役割をしているのが、腎臓の「糸球体」と呼ばれる場所です。慢性的な高血糖により大量の糖が糸球体にも流れ込み、異常がおこると、血流が悪くなってしまいます。やがて血液の濾過機能が低下し、尿の中にタンパクが出ます。この状態を糖尿病性腎症と言います。 タンパク質などが尿として身体の外に漏れ出てしまうことを蛋白尿といい、蛋白尿が多量になるとむくみや血圧上昇などが出てきてやがては、腎不全や尿毒症を引き起こします。腎不全などから透析療法が必要になるため早期発見が大切です。

・夜間何回も尿が出る ・むくみの症状がある ・尿が細い ・疲労感があり注意力が衰える。

などの症状がでてきた場合は注意してください。

腎症

腎症は、自覚症状が現れにくいいため検査をする必要があります。腎症を調べる検査には尿アルブミン検査というものがあり、尿検査では出ないアルブミンというタンパク質を調べます。高血糖が続くと、腎臓にはごく初期段階で、微量のアルブミンが出ます。1日30mg以上出た時は腎症の可能性は高いです。

続きを読む

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ
メール送信ページヘ