• 文字サイズ変更
  • Small
  • Medium
  • Large

糖尿病 高血圧  血糖 インスリン hbA1c 食事 症状 治療 予防 原因

糖尿病info
0120-789-335

糖尿病の薬物療法

2型糖尿病患者は、日本人の糖尿病患者の95%を占めるといわれています。糖尿病治療の基本は食事療法と薬物療法ですがそれでも治療できない場合は、薬物療法も用いられ、種類は、経口薬療法とインスリン療法の2種類あります。

血糖値のコントロール具合や合併症の危険度をみながら、医師の診断により経口薬療法とインスリン療法のどちらを選択するかを決めます。

経口薬療法

経口薬療法はこんな時に始めます。
・2型糖尿病患者である
・食事療法と運動療法のどちらでも血糖値コントロールがうまくいかないとき

インスリン療法より経口薬療法の方が広まっているのは、血糖値がそれほど上がらない人には経口薬療法でも十分な効果が現れるからです。またインスリン療法の注射には、まだまだ抵抗感をもつ人は多くいます。

経口薬療法の種類と効果

経口薬療法の種類

経口薬の種類は作用によって、大きく5種類あります。自分の薬の作用の仕方をきちんと理解しておきましょう。

経口薬療法の種類

インスリンにかかわる薬

インスリン抵抗性改善薬

作用…インスリン抵抗性改善薬は、インスリンの効きが悪いインスリン抵抗性を改善し働きをよくします。インスリンが分泌されていても、血糖が高い人に効果があります。

スルフォニル尿素薬

作用…膵臓からのインスリン分泌を促進する薬です。効き目が長い特徴があります。

速効・短時間型インスリン分泌促進薬

作用…膵臓からのインスリン分泌を促進する薬です。即効性がありますので食後高血糖の方に効果があります。

ブドウ糖の利用・吸収にかかわる薬

ビグアナイド薬

作用…肝臓に蓄えられたブドウ糖は、血液中に送り出されエネルギーとして筋肉や脂肪で使われます。「ビグアナイド薬」は、肝臓からブドウ糖が出るのを抑え、筋肉や脂肪でのブドウ糖の燃焼を促進し、インスリンの効果を高めます。

αーグルコシターゼ阻害薬

作用…糖質は小腸でブドウ糖に消化や吸収される時にα-グルコシダーゼという酵素が働きます。食後の急な血糖値上昇を抑制するために、α-グルコシダーゼ阻害薬を服用し、消化酵素α-グルコシダーゼの働きを阻害して、ブドウ糖の消化や吸収を抑えます。

インクレチン関連薬

作用…インクレチンとは、食事の時に小腸から分泌されるホルモンです。インスリン分泌を高めるためにインクレチンは膵臓に作用します。

経口薬療法の注意するポイント

経口薬療法の注意するポイント

正しく服用する

α-グルコシダーゼ阻害薬や速効型インスリン分泌促進薬は食前に飲まなければいけないように、経口薬には定められた服用量や時間帯があります。2、3種類の経口薬を服用することもありますし、正しい服用をしないと副作用が出てきたり効果が薄まる恐れもありますので、薬はきちんと飲まなければいけません。

低血糖に気をつける

低血糖を起こす原因には様々なものがありますが、薬物療法中に起こる事も少なくはありません。食事を抜いたり、運動をよくした場合には薬が効きすぎて血糖値が下がり過ぎこともありますので気をつけましょう。いつ低血糖になるのか分からないのでブドウ糖は常に携帯しておきましょう。

スルフォニル尿素薬の二次無効に注意する

スルフォニル尿素薬には、薬の効きがだんだん悪くなる二次無効と呼ばれる状態があります。二次無効になった時は、食事療法、運動療法を見直し、改善の兆しがなければ、医師に相談してください。

食事療法や運動療法を勝手にやめない

経口薬療法で血糖コントロールに効果があると、食事療法や運動療法を途中でやめてもいいように考えてしまいます。しかし、食事療法や運動療法で治療するのが望ましい治療法です。薬の量が少なくなるように食事療法や運動療法を継続して続けましょう。

※経口薬の効果のない人、妊娠中の人、肺炎の人、手術前や手術後の人、足に壊疽がある人、肝臓・腎臓に機能障害がある人などは経口薬療法ができずにインスリン療法になる場合もありますので医師の指導に従ってください。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ
メール送信ページヘ