• 文字サイズ変更
  • Small
  • Medium
  • Large

糖尿病 高血圧  血糖 インスリン hbA1c 食事 症状 治療 予防 原因

糖尿病info
0120-789-335

糖尿病の運動療法

運動療法が必要な理由

運動療法でエネルギー消費をすることは、血糖をコントロールのためには大切なことです。 具体的にどのような運動が適しているのかというと、エネルギー消費しやすい有酸素運動です。 有酸素運動は、呼吸した酸素を使って体内のエネルギーを燃焼させる運動でウォーキング、エアロビクス、水泳、ジョギングなどがあります。

運動がなぜ血糖値のコントロールに役立つかというと、運動をすると「グルコーストランスポーター」と言うブドウ糖を筋肉細胞に送り込む糖輸送体が活発になり、インスリンをあまり使わなくてもブドウ糖をエネルギーに換えることができるからです。

運動療法が必要な理由

有酸素運動のポイント

運動を開始して
・20分間は、ブドウ糖がエネルギー源として使われます。
・20分以降は、脂肪がエネルギー源として使われます。
脂肪細胞の脂肪を減らしたい場合は、20分以上のウォー キングなどの有酸素運動をすることが有効です。

ウォーキング、エアロビクス、水泳、ジョギングなどの有酸素運動がかすぐに始められなくても下記のような運動を取り入れるだけでも消費されるエネルギーは増えます。

・1つ手前の駅から歩いて通勤する
・エレベーターを使わず階段を使う
・駐車場を少し遠いところに止めて建物まで歩く

有酸素運動以外の運動には、ダンベルや専用の器具を使って体を鍛え、筋肉量を増やす無酸素運動があります。無酸素運動の運動での消費されるエネルギー量はあまり期待できません。しかし筋肉量を増やすことができれば、基礎代謝がUPします。

基礎代謝は、呼吸や体温調整など生命を維持するために消費されるエネルギーです。睡眠の間でも消費はされます。基礎代謝は消費される全エネルギー量の約70%を占めています。筋肉量を増やす無酸素運動は、基礎代謝をUPさせますのでそれに伴い消費されるエネルギー量が増えていきます。

運動をすることにより、血糖コントロールや肥満防止、他にも心臓や肺の機能をよくしたり、足や腰の筋力UPなどの良い結果がおきる場合もあります。 また、体をよく動かすことがストレス解消になり、治療のストレス緩和にも役立ちますので糖尿病治療において運動療法は有効な治療だと思われます。

※糖尿病の合併症(眼底出血、網膜症、心血管系障害など)がある場合には運動により病状が悪化する場合もありますので、運動ができるか医師に確認し、指導にきちんと従ってください。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ
メール送信ページヘ