• 文字サイズ変更
  • Small
  • Medium
  • Large

糖尿病 高血圧  血糖 インスリン hbA1c 食事 症状 治療 予防 原因

糖尿病info
0120-789-335

インスリン注射について

インスリン療法

インスリン療法はこんな時に始めます
・経口薬療法で血糖コントロールの効果がないとき
・高い血糖値をすぐに下げなければいけないとき
・手術前後やまたは感染症であるとき
・妊娠中や授乳中のとき

インスリン療法は、インスリンを直接補給できるので効果が出やすいです。経口薬療法がうまくいかない2型糖尿病の人が、インスリン療法にするとコントロールがうまくいく場合もあります。注射する量や時間帯は医師と相談します。

インスリン注射の種類

ペン型やキット製剤は簡単に使え、針も短く細いので痛みもあまりなく、よく使われています。 特徴としては、効果が現れる時間帯や持続する時間などによって超速効型、速効型、中間型、持続型の4種があります。

インスリン注射する部位

・腹部 ・上腕 ・臀部 ・大腿部

インスリンの吸収される速度が一番速いのは腹部です。毎回同じ所に注射すると皮膚がへこんだりするので、少しづつずらしたりして注射してください。

インスリン注射する部位

インスリン療法の注意するポイント

高温な所にインスリン注射を置かない

夏場は太陽がよく当たる場所や車内などに置いておかないよう注意してください。

間食はとらない

間食は血糖コントロールを乱します。指導された食事量以外には食べないように気をつけましょう。

低血糖に注意する

低血糖(血糖値が70mg/dl以下)になる原因には様々なものがありますが、薬物療法中に起こる事も少なくはありません。食事を抜いたり、運動をよくした場合には薬が効きすぎて血糖値が下がり過ぎることもありますので気をつけましょう。いつ低血糖になるのか分からないのでブドウ糖は常に携帯しておきましょう。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ
メール送信ページヘ