• 文字サイズ変更
  • Small
  • Medium
  • Large

糖尿病 高血圧  血糖 インスリン hbA1c 食事 症状 治療 予防 原因

糖尿病info
0120-789-335

糖尿病の予防

糖尿病は「1型糖尿病」と「2型糖尿病」の2種類があり、日本人の糖尿病患者の約95%が「2型糖尿病」です。

「1型糖尿病」は膵臓のβ細胞が自己免疫などにより破壊されインスリンが絶対的に足りなくなって起こります。「2型糖尿病」は食べ過ぎ、飲み過ぎ、肥満、ストレスなど生活習慣の悪化による環境的な要因と家族・親戚に糖尿病患者がいるとなりやすい遺伝的な要因が重なり合い、起こると言われています。 生活習慣の悪化は糖尿病になる大きな原因ですので、普段の生活習慣を見直して糖尿病を予防しましょう。

肥満やメタボに気をつける

メタボリックシンドロームと診断された人は注意してください。肥満は糖尿病になる人の大きな要因です。 肥満の目安はBMIです。BMIが25以上であれば肥満です。

肥満やメタボに気をつける

運動をする

エネルギー量を増やすためにも運動をすることは大切です。有酸素運動のウォーキングやジョギングなどがおすすめです。

運動をする

まずは、速く歩く、遠回りをする、徒歩で買い物に行く、階段を使う、散歩をする、ストレッチをするなど簡単に始められる運動からやってみましょう。

ストレス解消を心がける

ストレスはインスリンの働きを抑えるインスリン抵抗性を強めることが分かっています。ストレスで血糖値が上がるホルモンが分泌される一方、抵抗性があるため血糖値は上がり続けます。

ストレス解消の行動で多いのが過食やお酒の飲み過ぎですがこの行動では、血糖値は上がり血糖コントロールを悪化させてしまいます。

また、会社勤めの人が多い現代社会では精神的なストレスも多く、ストレスを取り除くことはなかなか難しいのですが、趣味や旅行など自分にあったリラックス法を見つけることが大切です。

きちんと健康診断を受ける

糖尿病を見つけやすいのが会社などでの健康診断です。早期に発見し、治療していくためにも健康診断は重要です。糖尿病やメタボリックシンドロームは、自覚症状では病気かどうかよく分からないので、まずは健康診断できちんと検査をしてください。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ
メール送信ページヘ