• 文字サイズ変更
  • Small
  • Medium
  • Large

糖尿病 高血圧  血糖 インスリン hbA1c 食事 症状 治療 予防 原因

糖尿病info
0120-789-335

糖尿病解決に近づくには
(糖尿病治療に必要な栄養素とは?)

糖尿病は、生活習慣の悪化などの様々な要因により、膵臓で作られるインスリンというホルモンが不足したり、またインスリン受容体の作用が弱くなることにより、血糖値の調節がうまくいかず、エネルギーとして使われないブドウ糖が血中に溜まり、高血糖という状態を引き起こす病気です。

なぜインスリンの働きが悪くなるのか?

インスリンとは

インスリンは、膵臓のランゲルハンス島のβ細胞で分泌されるホルモンです。血糖を下げる重要な働きをします。 食事により体内に入ったブドウ糖は、細胞のエネルギーとなるため血液中に運ばれます。そして、血糖値が上がると、それを体が感知し、膵臓のランゲルハンス島β細胞がインスリンを分泌します。 ブドウ糖が血液に運ばれ全身の臓器に届き、インスリンの働きにより細胞のエネルギーとしてブドウ糖が取り込まれ利用されます。このようにインスリンは、血糖値を一定に保つ作用を持っています。しかし、糖尿病などにより膵臓に疾患が起きてしまうと、インスリンの分泌が低下していき、血糖値が上がり、その状態が続くと様々な合併症を引き起こします。

インスリンの働きが不足する原因

インスリンの働きが不足する原因には、2つあります。 まず1つ目の原因は、「インスリン分泌障害」です。これはインスリンの分泌そのものが不足している状態です。そして2つ目の原因は「インスリン抵抗性」で、これは生活習慣の悪化(食べ過ぎ、飲み過ぎ、ストレスなど)により、インスリン受容体の働きが悪くなる状態を指します。どちらの原因でもエネルギーとして使われなかったブドウ糖が血中に溢れていき、高血糖の状態が続きます。

糖尿病と合併症

高血糖を治療せずにそのまま放置していると、体の中の血管や神経に損傷が起こり、恐ろしい合併症を引き起こし、やがては腎臓などの臓器に多大な悪影響を及ぼします。 糖尿病は初期症状や自覚症状はほとんどないので、手足にしびれ、喉がかわく、トイレの回数が多くなったなどの自覚症状が出てきた時には、合併症が進んでいる可能性が高いので注意が必要です。

糖尿病の代表的な合併症「三大合併症」を次にご紹介します。

糖尿病性神経障害

高血糖の状態が長く続くことにより、末梢神経の細胞が壊れていき、正常に働かなくなります。この状態が進行すると始めは、手足の痛みやしびれや神経の障害により刺激を感じなくなるなどの症状が現れ、そのことによる傷をそのまま治療せずにいると、壊疽が起こってしまい、最終的には壊疽の部分を切断しないといけなくなる場合もあります。

糖尿病性網膜症

高血糖状態により、目の中の網膜の毛細血管が傷つき、出血や血栓などの血管異常の症状が現れます。飛蚊症や視力低下などがおこり、そのまま病気が進行していくと「網膜剥離」をおこすようになります。視細胞が集まっている黄斑部に網膜剥離が起きた場合には、失明する危険性も出てきます。

糖尿病性腎症

腎臓は、糸球体がたくさん集まって血液をろ過する重要な器官です。糖尿病で高血糖状態が長く続くと、この細かい血管が壊れ、網の目が破れたり詰まったりして老廃物をろ過できなくなり、尿中にタンパクが出る病気を糖尿病性腎症と言います。腎症が進むと腎不全となり、そして人口透析と進みます。

糖尿病の治療法

糖尿病の治療は、高血糖の状態が続くことによる合併症の発症を押さえることが目的です。 健康診断などで糖尿病と診断された場合は、定期的に検査をし、医師と共に治療を続けることが大切です。 それでは、糖尿病の治療法についてご紹介します。

食事療法

糖尿病治療の基礎は食事療法です。食事によって体内に取り入れた炭水化物や糖分は、体を動かすエネルギーとなるブドウ糖になります。糖尿病は膵臓で作られるインスリンというホルモンが不足したり、受容体の作用が弱まり、ブドウ糖をエネルギーとして変換できないために、高血糖の状態が続く病気です。

その治療には、一日の必要エネルギーにあった栄養を摂取するために、食事コントロールが重要になってきます。

食事療法は、必要以上のカロリーをとらないよう、それぞれの患者にあったエネルギー摂取量の食事をするよう管理をします。料理をする際には、食材に関するカロリーや栄養素の理解が必要です。また、海草や豆類やこんにゃくなどに含まれる食物繊維は、糖の吸収を緩やかにする作用があり、さらにコレステロールを減らして脂肪の吸収を抑える働きもありますので、おすすめです。他には、糖の吸収を穏やかにするサプリメントを摂ることなどもあげられます。荷花掌と呼ばれるハーブには、血糖値を下げる作用があることが、慈恵医大や東京都済生会中央病院の臨床研究によりわかりました。その他にも、荷花掌には様々な作用がありますのでご紹介します。

・脂肪の燃焼しやすくなることによるダイエット効果
・消炎作用により歯周病や皮膚炎の炎症をしずめる
・滋養強壮の効果
・老化の防止作用
・活性酸素を除去する作用
・肌が潤う
・多糖類が多く含むため、ガンを予防する免疫力が高まる
・食物繊維、糖質、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、クロム

など、糖尿病を予防すると言われる多くのミネラル類が含む

荷花掌には様々な作用があり、糖尿病治療以外にも活用の研究が進むだろうと考えられています。 食事療法などで血糖コントロールがうまくいかない方は、サプリメントを活用するのも1度考えてみてはいかがでしょうか。

運動療法

運動することによって、糖輸送体であるグルコーストランスポーターの働きが活発化し、ブドウ糖を筋肉細胞に送り込みます。インスリンをあまり使わずにブドウ糖をエネルギー変換できるので、血糖コントロールに役立てることができます。

おすすめな運動療法は、ウォーキングです。時間や場所を心配せずに一人でも行えますし、ウォーキングは有酸素運動ですので、20分以上続けることで、より効果が出ます。 運動は、毎日の習慣として取り入れることが重要です。面倒で続けられないといった人は、普段の生活の中から一駅分歩いて通勤する、階段を使うなどの運動で脂肪を燃やしやすい体を作ることにより、効果も出やすく、運動を長く続ける意欲が湧きますので、簡単な運動から始めてみましょう。

食事から取り入れた糖質を、ブドウ糖に変える消化酵素に対し抑制する働きや、糖類の吸収を押さえる作用を持っているのが、サラシアと呼ばれるハーブです。これらの働きにより、ブドウ糖を余分に作るのを防ぎます。また、合併症の予防も期待できるアルドース還元酵素を抑制する作用もあります。他にも、肥満予防や肝臓保護、抗酸化、胃粘膜保護などの作用が認められ、それらにより糖尿病治療の体をサポートしていきます。 運動療法を続けていく際には、血糖値のコントロール以外にあるプラス効果も上手く利用し、楽しく習慣化し、健康的な体づくりを目標に努力しましょう。

薬物療法

糖尿病患者の9割以上は2型糖尿病です。食事と運動療法が基本ですが、それでも治療が不十分な時には、薬物療法が必要です。薬物療法には2種類あり、飲み薬とインスリン注射です。飲み薬には、インスリンの分泌を促したり、インスリンの効果を高めるものがあります。 飲み薬(経口薬とも呼ばれています) 2型糖尿病の患者で食事療法や運動療法で、血糖コントロールが良くならない場合によく経口薬が勧められます。インスリン注射よりも抵抗感が少なかったり、血糖値があまり高くない場合には、経口薬療法だけでも効果がありますので、多くの患者に使用されています。

インスリン注射

インスリン療法は、インスリンを直接注射で補給するので、作用や効果が分かりやすく、血糖コントロールが良好になります。経口薬で効果が出ない2型糖尿病の患者が、インスリン注射に変えると、うまくいく場合もよくあります。インスリン製剤には様々ありますので、量や時間帯を含め、かかりつけの医師と相談しながら決めていきます。

注射により直接インスリンを補給したり、インスリンの働きを高めるものがありますが、それ以外に植物にも、体内でインスリンの効果と同じ働きをするものがあり、それがバナバです。

バナバ(和名:オオバナサルスベリ、学名:Lagerstroemia spesiosa)は、インスリンと似た作用のコロソリン酸を含んでいるため、ブドウ糖を速やかにエネルギーとして細胞内に吸収させることができ「植物性インスリン」とも呼ばれたりもします。

フィリピンでは1千年以上前から、バナバの葉を煎じて飲んでおり、糖尿病、便秘、皮膚病に効果が出ると言われています。これらの作用により「女王でも手の届かないお茶」と呼ばれるほど、重宝されています。

薬物療法は、毎日のことなので煩わしくなりやすいです。しかし血糖のコントロールがうまくいくと、薬物療法が必要でなくなる可能性もありますので、諦めずに、自分の体はしっかりケアしていきましょう。

人工透析

体の血液のろ過をし、老廃物や余分な水分を尿として、外に排泄する大切な働きをしているのが腎臓です。

高血糖の状態が長く続いてしまうと、大量の糖が流れ込んで、糸球体にも異常が起こり、毛細血管の血流が悪くなり、やがては、毛細血管の壁も厚くなって、フィルターの目が粗くなってしまいます。このことにより、血液がろ過できなくなると、尿中にタンパクが出るようになり、これを糖尿病性腎症と言います。腎症が進むと腎不全となり、そして人口透析が必要になってきてしまいます。

腎臓の負担を軽減するためにも、食べ過ぎや飲み過ぎを控えることはもちろんですが、その他にも、食後の急激な血糖値の上昇を防がないといけません。 ギムネマ(学名:Gymnema)はインドの伝承医学である「アーユルヴェーダ」 で、2000年以上も前から糖尿病に使用されている歴史があります。ギムネマの葉は噛んでから砂糖などを舐めても甘さを全く感じないという作用から、有効成分であるギムネマ酸が、小腸からの糖の吸収を遅らせる働きをし、腎臓の負担を減らすことができます。

糖尿病性腎症は、透析にならないよう悪化させないこと大切です。合併症の進行や発症を防ぐためにも、毎日のケアがとても重要です。

併発する恐れのある病気

高血糖の状態を治療せずに放置すると、恐ろしい合併症を発症する可能性が高まることがご理解いただけたでしょうか? 糖尿病は、食べ過ぎや飲み過ぎや運動不足やストレスなどの生活習慣の悪化により、インスリンの分泌が不足したり、作用が弱まる病気ですが、これら生活習慣の悪化は、糖尿病以外にも様々病気を引き起こします。

高血圧

高血圧になると、血液の流れる量が多くなったり、血管が狭くなり流れが悪くなるため、常に負担がかかったり、血管の内壁が傷ついたりする病気です。高血圧には自覚症状を感じることはほとんどありませんが、高血圧を長期間放置すると動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中など多くの病気を引き起こしやすくなります。

脳卒中

脳卒中は、脳血管障害のことを言い、動脈硬化や血栓によって引き起こされます。脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などが代表的なものです。

心臓病

心臓の冠動脈に血液が不足するため、心筋が十分な働きをできず、虚血性心疾患を発症します。狭心症や心筋梗塞がその例で、狭心症はすぐにおさまり、軽症で済むこともありますが、心筋梗塞は心筋の組織が壊死を起し、激痛に苦しみながら、死亡する事が多い病気です。

脂質異常症

血液に脂肪が異常に含まれていたり、不足している状態のことを表し、動脈硬化発症の確率が上がる危険があります。さらに心臓や脳の病気にもつながります。

糖尿病の「高血糖状態」は上記4つの病気に大きな影響を与え、心臓病患者は虚血性心疾患を起し心筋梗塞や狭心症の発症に繋がります。年間で7万7千人が虚血性心疾患によって死亡しており その他に高血圧や高血糖、脂質異常が引き金となって起こる脳卒中での死亡数は12万3千人になります。

(参考資料/平成23年(2011)人口動態統計(確定数)の概況:死因簡単分類別にみた性別死亡数・死亡率 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei11/dl/11_h7.pdf )

この恐ろしい病気の発症を阻止するためには以下のような方法があります。

1.血糖値の上昇を防ぐ

小腸でブドウ糖を吸収させない(食物繊維)
糖質の代謝を促す(ビタミンB1)
膵臓の塔の処理能力をあげる(タンパク質)

2.血圧を上げない

体内の活性酸素を排除する(ミネラル、βカロチン)
血栓の発生を防ぐ(食物繊維)
毛細血管を増強させる(ビタミンE)

3.中性脂肪・コレステロールを調整する

抗酸化成分を摂取する(ポリフェノール、ビタミンC)
通性脂肪を体に溜めないようにする(ナイアシン・葉緑素)

4.余分な脂肪を消費する

便通を良くする(食物繊維)
脂肪消費させる(タンニン)
脂肪を流す(ポリフェノール)

この4点を行うことで体を強くし、糖尿病の発症を抑え同時に引き起こされるであろう様々な 病気も回避が可能です。 血液をサラサラにして体に栄養を行き渡らせるためにも上記に記載した栄養をバランスよく摂って下さい。

ハーブの紹介

糖尿病は様々な病気を引き起こす恐ろしいものです。 ここで、各項目で紹介した役立つハーブのおさらいをしましょう。

Small

学名:燕子掌(えんししょう)
分類:青鎖龍属 紅景天科
効能:
・血糖値降下作用。
・歯周病や皮膚炎をケアし、肌を瑞々しくする。
・豊富な多糖類により、免疫アップ、ガン予防に期待できる。
・脂肪を燃やし、ダイエットサポート効果。
・弱った体の活力をもたらす。
・老化防止作用がある。
・活性酸素を取り除く。
・多くのミネラル類や糖質、タンパク質、食物繊維、クロム、マグネシウム、カルシウム、リン、鉄、亜鉛、銅を含む。

Small

学名:Salacia reticulata、Salacia oblonga、Salacia chinensis
分類:サラシア属
効能:
・消化酵素に働きかけブドウ糖生成を阻害
・アルドース還元酵素を抑制し、合併症発症を防止
・肥満の予防
・肝臓機能を保護する
・活性酸素の除去作用
・胃粘膜を保護する

Small

学名:Lagerstroemia speciosa
分類:ミソハギ科 サルスベリ属
効能:
・コロソリン酸がブドウ糖吸収を促進させる
・便通の改善
・皮膚疾患の改善

Small

学名:Gymnema sylvestre
分類:ガガイモ科ホウライアオカズラ属
効能:
・「ギムネマ酸」の働きで小腸での糖吸収を抑制する

薬物治療に不安がある方、合併症を発症し、少しでも体調を持ち直したい方にピッタリなのが 他の治療と組み合わせが可能な「ハーブ」です。 自然由来の成分なので安心ですし、時間の関係で治療が思うように進まない方も 手軽に続けられますのでぜひ試してみてください。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ
メール送信ページヘ